4年連続改善に自ら貢献と談話 人事院勧告で連合

2017.08.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国家公務員の月例給などが4年連続改善となった平成29年度の人事院勧告(8月8日)を受け、連合は同日、継続した賃金改善の重要性を訴えてきた自らの取組みの成果と主張、勧告どおりの早期完全実施を求めるとした逢見直人事務局長名の談話を発表した。

 「公務員の長時間労働対策」が働き方改革の1つとされた反面、何ら具体策が示されなかった点には不満の色を滲ませるとともに、改定された非常勤職員給与指針に基づく「勤勉手当支給」などの処遇改善を早期に実現すべきだと訴えている。

関連キーワード:
平成29年8月28日第3126号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ