内需型組合の先行開示に着手 新相場形成へ挑戦 連合12春闘

2012.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

企業名開示は10組合

 金属大手の相場形成に頼らない新たな春闘への挑戦を開始した12春闘。連合は、JC集中回答日の前日(3月13日)までに会社から回答を引き出した内需型企業64組合を公表し、今後本格化する中堅・中小への波及を期待した。しかし、その翌日には自動車、電機、鉄鋼・造船など輸出型の金属主要メーカーが軒並み賃金体系維持で終結、中小の回答が加速する4月以降に新たな取組みの課題などが鮮明になってくる。西友、ラルズ、サイゼリヤなど企業名開示に踏み切ったのは10組合。(6面にJC回答一覧)…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年3月26日第2866号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ