【フォーカス】アルケア/育児・介護支援 育休取得・復帰前に3度面談

2017.08.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

短時間勤務など容認 社内世論形成活動も行う

 医療機器メーカーのアルケア㈱(東京都墨田区、鈴木輝重代表取締役社長、560人)は、社員の育児・介護の両立支援に力を入れる。育児休業は取得前と復帰前に計3回、上司などと三者面談を行う。休業中の社員への負担を考え、休んでいる間はあえて仕事に関する連絡は取らない。復帰後は、在宅勤務や短時間勤務などを容認。両立支援推進に向けた社内世論形成に向け、「ランチ会」などの啓蒙活動も実施している。7月からは、全社員の残業時間を半減する試みも始めた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月21日第3125号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ