【特集2】過重労働による健康障害防止対策・上 労災認定は企業にダメージ

2017.08.07 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 過重労働を強いるブラック企業、電通の過労自殺など労働者の長時間労働が社会的関心事となっている。政府も「働き方改革」を掲げ、「長い時間働く人が偉い」というような悪しき習慣を一掃しようと力を入れているところだ。特集Ⅱでは2回にわたって、八木労務監査事務所の八木直樹さんに過重労働を原因とする健康障害防止対策について解説してもらう。今回は、労災認定基準を紹介するとともに、労災認定された場合の企業のリスクについて示している。…

執筆:八木労務監査事務所 八木直樹

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月1日第2287号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ