安全意識の高揚を 水害復旧工事現場へ 茨城労働局が安全パト

2015.12.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

常総労基署と合同で

DSCN8294 茨城労働局(中屋敷勝也局長)と常総労働基準監督署(熊岡秀織署長)は合同で、今年9月に決壊した鬼怒川堤防沿いの県道復旧工事現場のパトロールを実施した=写真。県内で今年9~10月にかけ死亡災害が多発したことによる、年末・年始労働災害防止強化運動の一環である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月28日第3046号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ