【フォーカス】Heads/全員で改善点伝え合う 年1回のお焚き上げ

2022.08.04 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

“業務抱込み”見直す人も

 ㈱Heads(東京都渋谷区、杉本友太代表取締役、8人)は年1回、全社員が一堂に会し、一人ひとりの業務上の改善点などを“マイルド悪口”として集約して、直接伝え合う「年末お焚き上げ棚卸し会」を行っている。言い回しにも工夫を求め、たとえば働きすぎの社員には、「健康に気を付けて」、「趣味を作って」などと伝える。指摘を受けた社員は「業務を抱え込みすぎていたかもしれない」と仕事への取組み姿勢を改めている。「いいところ」も併せて示すことで、本人のモチベーションの維持・向上もめざす。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年8月8日第3364号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。