災害根絶に努力誓う 奉賛会が春の慰霊祭 霊堂建立50周年

2022.06.15 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会は5月14日、高尾みころも霊堂(東京都八王子市)で春の慰霊祭を開催した。同会は、産業災害により殉職した人の御霊を合祀奉安する霊堂の運営に協力する団体。毎年5月に慰霊祭を行っており、今年は、昭和47年5月の霊堂建立から50周年に当たる。

 大石明理事長は「産業災害の根絶に向けた努力を重ねていくことが、遺族に寄り添うことになる」と災害防止を誓った(写真)。慰霊祭では、労働者健康安全機構や中災防の出席者から献花が行われるとともに、遺族や一般参加者も祭壇に花を添えた。

2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。