外勤者で月60時間弱 残業理由の最多は書類 日建協

2022.05.30 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ゼネコンのホワイトカラー層3.8万人で組織する日本建設産業職員労働組合協議会(=日建協、角真也議長)が実施した時短アンケート調査で、昨年11月の所定外労働時間数は平均42.9時間、外勤者に限れば59.2時間に上ることが明らかになった。主な残業の理由について複数回答式で尋ねたところ(選択肢から3つ選択)、最多は「社内書類等の事務処理業務が多い」で、内勤者、外勤者とも約4割が選択している。

 所定外時間数に関する外勤者の状況をみると、全体の67.7%が45時間以上と回答し、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月30日第3354号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。