複数業務要因災害 必要な措置周知を 通達を一部改正

2022.05.31 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、精神障害に関する労災請求・支給決定件数の増加傾向などを踏まえた通達「『過労死等ゼロ』緊急対策を踏まえたメンタルヘルス対策の推進について」を一部改正した。精神障害による複数業務要因災害として支給決定がなされた被災労働者を使用していた事業場に対して、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」などを活用し、必要な健康確保措置の実施について周知啓発を行うとともに、メンタルヘルス対策の取組みが不十分な場合は必要な指導を行うこととしている。

2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。