精神障害の事案 過去5年で最多 厚労省調べ

2018.08.21 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、平成29年度「過労死等の労災補償状況」を公表した。精神障害の事案が、請求件数、支給決定件数ともに過去5年間で最多となっている。業種別にみると、医療・福祉と製造業に集中している。

 調査は、平成14年から労災請求件数や、「業務上疾病」と認定し労災保険給付を決定した件数などを毎年取りまとめているもの。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年8月15日第2312号

あわせて読みたい

ページトップ