レーザー加工を試験科目に追加 技能検定

2022.04.19 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、職業能力開発促進法施行規則を改正し、技能検定の職種と試験内容を見直した。

 レーザー技術を使用した3Dプリンターに対する世界的な注目の高まりを受けて、放電加工職種を「非接触除去加工職種」に名称変更し、試験科目としてレーザー加工を追加する。一方、受験者数が落ち込んでいた陶磁器製造職種は廃止する。

 施行日は前者が令和5年4月1日、後者が今年4月1日。

令和4年4月18日第3349号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。