男性育休推進のコツを解説 山形県がリーフ

2022.04.08 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山形県は、男性の育休取得推進に取り組む企業の人事労務担当者向けに、風土づくりや制度整備などのノウハウをまとめたデジタルリーフレットを作成した。県内先進企業7業種10社の担当者や取得者へのインタビューを掲載し、ポイントをまとめて解説している。

 風土づくりには、経営トップによる発信や管理者向けの社内研修が効果的で、実際に取得が進んだケースも多いと紹介。制度整備については、法定の「育児休業」と就業規則で定める「育児目的休暇」をうまく組み合わせることで収入面が安定し、男性が育休を取得しやすくなるなどの実務面の解説も充実させた。

令和4年4月11日第3348号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。