【フォーカス】別川製作所/若手発案から看護休暇拡大 有志募り“企業内塾”

2022.03.10 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1年掛け課題解決力養う

 ㈱別川製作所(石川県白山市、川島直之代表取締役社長、491人)では15年にわたって毎年、有志の若手を募って会社が直面する課題を洗い出し、解決策を提案してもらう「企業内塾」を開講している。月1回の頻度で1年間、講義を重ねることで、若手の成長を促し、併せて職場の課題解決をめざす。塾生からの提案が実際の改善に至った例も少なくなく、労務面では仕事と家庭の両立に向けて看護休暇の上限を小学6年生修了時まで拡充することなどを実現した。2年前からは実施形態をリモートに切り替え、全国の営業拠点からの入塾が可能に。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月14日第3344号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。