録音認めず団交拒否 不当労働行為を認定 都労委

2022.03.14 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京都労働委員会(金井康雄会長)は、教職員組合との団体交渉の開催に当たり、録音禁止という条件にこだわった学校法人筑波学院大学(茨城県つくば市)の対応を不当労働行為と認定した。正当な理由のない団交拒否に当たるとして、録音禁止に固執することなく誠実に応じるよう命令している。

 救済を申し立てたのは、同法人が運営する筑波学院大学の教職員組合。平成31年4月1日に…

【令和4年2月28日、東京都労働委員会命令】

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月14日第3344号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。