社労士の面談が支配介入に 不当労働行為を認定 会社による依頼で面談実施 中労委再審査

2016.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中央労働委員会(諏訪康夫会長)は、労働組合員が勤務先の顧問社会保険労務士との面談の場で組合からの脱退を勧奨されたとして救済を求めた紛争で、勤務 先企業の支配介入を認めた東京都労働委員会の初審に引き続き、面談での言動を不当労働行為と認定した。同社からの再審査申立てを棄却している。面談は社労 士からの申し出による個人的な行為だったとの同社の主張に対して、「会社の行為というべき」と指摘。同組合員への対応を社労士に相談・依頼し、面談の様子 を「社員指導・面談票」に記録していたことなどを重視した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月13日第3068号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ