行動災害減へ協議会 安全管理の育成後押し 小売や介護チェーン 厚労省

2022.03.10 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は2022年度、小売業と介護施設を中心とした行動災害の予防対策を推進するため、各労働局管内に波及効果が期待できるリーディングカンパニーなどを構成員とする「+Safe協議会」(仮称)を設置し、行動災害の予防に関する啓発資料の作成や、安全衛生管理の好事例の水平展開などを行う。また、協議会の構成員に準ずる規模の企業を対象に、「+Safe育成支援」(仮称)を実施する方針だ。自主的な安全衛生管理のスタートアップを支援するもので、中央労働災害防止協会と連携を図りつつ取り組むとした。近年、転倒や腰痛などの災害が増加していることから喫緊の課題となっている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年3月15日第2398号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。