30年に63万人不足 外国人労働者の将来需給 JICA

2022.02.18 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府が目標とするGDPに到達するためには、2030年に419万人の外国人労働者が必要であることが、国際協力機構(JICA)などの研究調査により分かった。現行の受入れ方式では356万人しか確保できず、63万人不足すると指摘している。

 調査研究では政府目標の「40年にGDP704兆円、年平均1.24%の成長」を達成するために…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月21日第3341号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。