日本で技術学び母国発展に貢献 アイム・ジャパン会長

2017.05.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 駐日バングラデシュ人民共和国大使館は、「バングラデシュ経済・人材育成セミナー2017」を開いた。公益財団法人国際人材育成機構(略称=アイム・ジャパン)の柳澤共榮会長(写真)が基調講演を行っている。

 柳澤会長は、バングラデシュのインフラ整備がまだ十分に進んでいないことを受け、「建設ラッシュの日本へ実習生として来日して技術を学び、帰国してインフラ整備に貢献する人材となってほしい」と話した。昨年の法改正で外国人技能実習機構が誕生したことにも触れ、「人権問題を起こす悪質な監理団体が排除されるようになった」と強調している。

 ※柳澤さまの「柳」の字は、正式には木片に「夘」です。

平成29年5月1日第3111号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ