バングラデシュ発展へ 技能実習制度通じて貢献 アイム・ジャパンセミナー

2019.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益財団法人国際人材育成機構(=アイム・ジャパン、栁澤共榮会長)とバングラデシュ人民共和国海外居住者福利厚生・海外雇用省は、東京都内で外国人材活用セミナーを開催した。栁澤会長は「技能実習を通じて、親日国であるバングラデシュの発展に貢献したい」と挨拶した=写真

 基調講演を行った同省のイムラン・アフマド大臣は、同国における人口の大半を若年者が占めていると説明。「昨年は約80万人の高度技術労働者などが雇用を求めて国外に進出した」と話した。国家戦略として国際的な労働人材の需要とのマッチングに重点を置き、職業訓練施設では4カ月間の日本語語学講習を実施しているという。

令和元年10月21日第3229号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ