インドネシア政府が実習先へ感謝状 アイム・ジャパン

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 インドネシア人技能実習生の受入事業が20周年を迎えた公益財団法人国際人材育成機構(略称・アイム・ジャパン、栁澤共榮会長)は、「インドネシア労働移住大臣からの受入れ企業感謝状贈呈式」を東京都内のホテルで開いた。インドネシア労働移住省労働者訓練・生産性向上総局のアブドゥル・ワハブ・バンコナ総局長(写真)が、実習生受入企業73社の代表者に、労働移住大臣からの感謝状を手渡した。

 感謝状の贈呈に先立ちあいさつした同総局長は、技能実習制度について、「インドネシアの青年が知識や生産技術を学ぶことができる素晴らしいプログラム」と高く評価し、「帰国生の7割は起業したり、日系企業に就職したり、政府関係者になるなどして大変活躍しており、プログラムが目的どおり正しく運用されている」と強調した。

平成25年8月5日第2931号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ