技能実習生の安全意識喚起 アイム・ジャパン

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 外国人技能実習生受入れ機関の公益財団法人国際人材育成機構(略称アイム・ジャパン、栁澤共榮会長)は9月9日、インドネシア人実習生約200人を集め、平成24年度安全衛生大会を東京都内で開催した=写真。目黒警察署による交通安全講話や、イラストシートを活用したKYT(危険予知訓練)を行った。

 栁澤会長は冒頭あいさつで、「実習先企業の教えを守り、日本人の働き方を学び、インドネシアの代表として恥ずかしくない行動を取り続ければ、母国に帰ったあとに必ず成功する」と激励。帰国前に交通事故や労働災害に遭わないように、「自ら交通ルールや就業規則、作業手順を守るとともに、身の周りに危険がないか十分気を付けてもらいたい」と呼びかけた。

平成24年9月24日第2890号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ