非管理職も定期昇給廃止 基本給を定額方式に 常陽銀行

2021.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

昇格・昇進時のみ給与増

 ㈱常陽銀行(茨城県水戸市、笹島健夫取締役頭取)は、10年ぶりに人事制度を改定し、非管理職層の定期昇給を廃止した。旧制度でも資格等級別に定額だった「資格給」に加え、職位に連動する「職責給」についても固定給化したもの。職務の難易度や業務領域に応じて5つのランクを設け、担当する職務に応じて差を付ける。査定昇給は行わず、資格の昇格あるいは職位の昇進時のみ昇給を行う形とした。併せて従来の複線型管理を見直し、管理職層を含む全8階層の等級体系に一本化した。昇格に必要な在位年数の縛りを撤廃することで、早期登用・抜擢を可能にしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年10月18日第3325号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。