【今週の視点】不適切な運用改善が前提 裁量労働制の見直し

2021.09.29 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

さらなる利用拡大に向け

 厚労省では、裁量労働制を中心に「これからの労働時間制度」に関する検討を進めている(関連記事=時間制度を再検討へ 裁量制調査に基づき 厚労省)。裁量労働制の改革は、「働き方改革関連法」で先送りとなっていた課題だ。先行して実施した調査結果によると、対象業務の範囲や手続きの簡素化が検討課題となりそうだ。本人の「裁量に応じた働き方を可能にする」という趣旨に恥じない形で、制度の再構築が求められる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月27日第3322号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。