産業保健スタッフが地域の枠を越え交流 第1回連絡会開く

2011.12.15 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・八王子労働基準監督署管内と青梅労基署管内の産業医、産業保健スタッフが交流を深める場として11月10日、初めて合同で行う「産業医・産業保健スタッフ連絡会」が八王子労政会館で開かれた(写真)。お互いの産業医、産業保健スタッフが情報交換することで視野を広め、自分の職場にフィードバックするのが狙い。

 当日は、それぞれ設置している連絡会の活動状況について報告したほか、救急救命東京研修所の南浩一郎教授が職場で急患が発生した際の対応について講演が行われた。

関連キーワード:
平成23年12月15日第2152号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。