小売業者集め講習会を開催 鳴門労基署

2012.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 徳島・鳴門労働基準監督署(西泉ひとみ署長(写真))は9月27日、小売業での労働災害が増加していることを受け、管内の小売業事業者約80社を集めて講習会を開催した。

 講習会では、産業安全専門官が小売業で発生しやすい転倒災害と腰痛の防止を中心に、安全衛生管理の基本を説明。整理・整頓・清掃・清潔の4S活動を周知し、労災減少へ向けた取り組みを強化するよう促した。

 また、小売業は昨年の監督指導で88.9%の高い違反率となったことから、割増賃金などの労働条件について「労働条件自主点検表」を使い改善を指導した。

平成24年11月1日第2173号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。