【フォーカス】もしも/中途採用策の改善 欲しい人材へ積極的に接触

2017.04.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2サイトを使い分け 30歳前後の即戦力確保

 インターネット通販業の㈱もしも(東京都新宿区、実藤裕史代表取締役社長、29人)は、2つの転職サイトを効果的に使い、積極的に欲しい人材へ接触を試みる「攻めの採用」へ転じた。人手不足の時代に即戦力を獲得しようとしている。とくにベンチャー企業間で競争が激しい30歳前後の中途採用に力を入れている。「副業が可能」であることもアピールし、応募者のニーズに応える。今後は、「在宅勤務」なども含め、柔軟な働き方ができることも訴えていく予定だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ