建設現場のメンタルヘルス 職場環境改善へ手引案 建災防検討委員会

2017.03.28 【労働新聞】

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)が設置した「平成28年度建設業におけるメンタルヘルス対策のあり方に関する検討委員会」は、第5回会合を開き、報告書を取りまとめた。建設現場でのメンタル不調を防止するための職場環境改善の進め方に関するマニュアル案を盛り込んでいる。マニュアル案では、現場作業員を対象とした無記名のストレスチェックを実施した後、現場所長・職長が「十分な休日・休暇への配慮」や「業務の偏りの解消に向けた指導」の状況など30項目を点検するとした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年3月27日第3106号2面

あわせて読みたい

ページトップ