受検者の「5~9%」最多 高ストレス者選定の割合 中災防・ストレスチェックで実態調査

2017.03.04 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

banner_kouhousanpo 中央労働災害防止協会は、ストレスチェック実施企業に対するアンケート調査の結果を発表した。高ストレス者の扱いについて受験者の何%に選定したのか聞いたところ、「5~9%」が30%と最も多いことが分かった。厚生労働省のマニュアルでは、高ストレス者の選定基準が集団の上位10%となっているため、「だいたい予想通りの数値になった」との見方を示した。一方で、未回答が35%に上ったことに関しては、「最初から設定していなかったのではないか」と述べ、手探り段階で結論が出ていない可能性があるとした。今後の課題に関しては、データに基づいた職場改善の具体的な方法や、高ストレス者への対応などが挙がっており、相談機能の充実や大規模調査の実施を検討中だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

[平成29年3月1日付2277号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ