【特集2】新入社員のための安全衛生教育・下 一呼吸も一工程

2017.03.19 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働災害は、定常作業より非定常作業のほうが起きやすいもの。「非常事態の発生」「掃除・修理」「家庭における異常事態や心身の不調など従業員側の日常と異なる状態」「休み明けや新規作業」といった非定常作業に対応する際、必要なのは一呼吸置くことと、労務安全監査センターの東内一明代表理事は助言する。また、災害が発生しやすい①床・通路、②高所、③階段、④動くもの(機械など)、⑤作業姿勢について基本的な安全対策を示した。…

執筆:一般社団法人労務安全監査センター 代表理事 東内 一明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月15日第2278号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ