【特集2】新入社員のための安全衛生教育・上 「災害を起こすもの」という意識を

2017.03.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 若い人は年配者より敏捷で健康にもかかわらず災害を起こす。安全に関する知識不足が大きな原因だ。多くの新入社員の入社を控える時季、労務安全監査センターの東内一明代表理事に、新入社員を対象にした安全衛生教育のポイントを上・下、2回にわたって示していただく。「『新入社員は災害を起こす、危ない』という意識をしっかりと身に付けさせることから始める」としている。今号は、安全第一の歴史、ヒヤリハット、5Sなどを通じ、安全の基本を解説する。…

執筆:一般社団法人労務安全監査センター 代表理事 東内 一明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月1日第2277号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ