【特集2】意識向上へ「7原則」導く 安全文化醸成活動が奏功 月別に重点行動を周知 東芝エネルギーシステムズ京浜事業所

2019.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 災害を未然に防止するためには事業所全体の安全意識を高め、従業員一人ひとりの安全感度を高める必要がある。東芝エネルギーシステムズ㈱京浜事業所(神奈川・横浜市)では、事業所長をトップに各部長からなるワーキンググループを結成し、意識向上につながる「安全文化の7原則」を導き出した。同社では「安全最優先の価値観」「トップのリーダーシップ」などの7つの原則のもとに「安全文化醸成活動」に取り組んでいる。具体的な活動をみると「安全最優先の価値観」では、月別の安全衛生重点実施事項を決めて従業員に周知。「感電災害、発火事故防止」「踏台、脚立、ハシゴの正しい使い方」などについて基本的な行動を守るよう求めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年12月15日第2344号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ