【フォーカス】ニッスイ/健康経営 健診に独自項目設け推進 意識向上へ“番付”公表

2021.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

7月から禁煙対策強める

 日本水産㈱(=ニッスイ、東京都港区、的埜明世代表取締役社長執行役員、1233人)は健康経営の推進に向けて、健康診断の検査項目として独自に「EPA/AA比」を設けている。測定結果は部署ごとに集計して「番付」にまとめ、社内に公表し意識の向上を図った。生活習慣病の予防にも力を入れており、希望者を募って60日間で目標達成に挑戦する取組みを推進中。「30分以上の息が弾む運動を週2回以上」など多様なコースを用意する。7月からは“ニッ(2)スイ(水)”にちなみ、毎月第2週目と毎週水曜日を「禁煙days」に定めた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年6月28日第3310号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。