【特集2】リスク絞り対策を宣言 小規模現場へ普及目指す RA-3S運動展開中/建災防 埼玉県支部

2014.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設工事量が増加して労働災害の増加が懸念されるなか、建設業労働災害防止協会埼玉県支部(真下恵司支部長)では昨年度からリスクアセスメントの手法を利用して安全宣言を行う「三大安全宣言運動 埼玉」を展開中だ。RA-3S(リスクアセスメント-3大安全宣言)運動と呼ぶこの運動では、現場のなかで特に重点管理する3つの労働災害を特定し、リスクを絞ったうえで追加の安全対策を宣言し現場や作業所に掲示する。今年度からは、工期の短いリフォームなど小規模工事へも運動を拡大。現場一丸となった災害防止対策を推進している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月15日第2222号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ