【特集1】安全衛生優良企業の取組事例 注意マークで見える化 業務改善提案に安全の視点 ヒヤリハット分析し教育実施も/西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社

2021.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社(福岡市)では、「危険ゼロ」を目指した安全衛生の取組みを進めている。昨年度は社内業務改善研究に安全向上のテーマを設け、施設点検時の注意事項の見える化などのアイデアを発表。ヒヤリハット報告の多かった運転では、車両運転確認シートを使って未熟練者の指導にも力を入れる。昨年10月には高い安全衛生水準と幅広い安全衛生活動が評価され、安全衛生優良企業の認定を受けた。

安全衛生は企業経営の基盤

 西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社は、九州の高速道路の建設・管理に関わるエンジニアリング会社。道路構造物や高速道路上の電気・通信・機械設備などの点検、施工管理、調査設計業務を行い、高速道路上での自動車の安全・安心な走行を守っている。

 安全衛生基本方針()には、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年3月15日第2374号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ