【特集1】〝気づき〟集めて改善へ ゼロ災グループ中心に活動推進 不安全状態は迅速対処/日清紡ケミカル㈱旭事業所

2022.05.10 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日清紡ケミカル㈱旭事業所(千葉県旭市)では、各職場のゼロ災グループを中心に不安全状態や〝やりづらい〟作業の改善に取り組んでいる。わからない・こまった・やりづらい作業の報告から始めた活動は、〝気づき〟を集める活動へと発展。日常のなかでの気づきやヒヤリハット、困りごとなどに迅速に対処している。従業員の主体的な取組みが、設備改善とともに安全感度の向上にもつながっている。

W・K・Yを探す

 燃料電池セパレータ、高機能性樹脂素材、ウレタン、カーボン製品などの製造を行う日清紡ケミカル㈱(本社:東京都中央区)は、毎年定める安全衛生方針、安全衛生目標、重点課題を事業所のアクションプランに落とし込み、事業所の安全衛生事務局と職場ごとに組織したゼロ災グループが中心となって、日々の安全衛生活動に邁進している。

 千葉県旭市にある同社旭事業所では、ゼロ災グループによる現場改善活動のひとつとして、2008年から「WKY」と呼ぶ活動を展開してきた。WKYとは、「わからない(W)」「こまった(K)」「やりづらい(Y)」の頭文字をとったもので、作業中に体験した…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年5月15日第2402号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。