オンライン会議対策など追加へ セキュリティ指針

2021.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 総務省は、オンライン会議システムへの対策などを追加した「テレワークセキュリティガイドライン(第5版)」の案をまとめ、3月5日まで意見募集をしている。年度内をめどに公表を予定しており、同時に昨年9月に策定した「中小企業等担当者向け手引」の改定版も併せて公表すべく、最終調整を進めている。

 3年ぶりの改定となる第5版では、コロナ禍を背景としたテレワークの普及、サイバー攻撃の高度化などに対応した。改めて経営者・システム管理者・勤務者それぞれの役割を明確化したほか、実施すべき対策の分類や内容を大幅に見直す。オンライン会議システムのセキュリティ対策などを追加したことで、項目数は倍増した。勤務者がルールを守っているかどうかの確認は容易でないとし、新たにセキュリティ教育も対策項目に加えている。

令和3年3月1日第3295号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ