従業員研修へ補助金 宿泊・バス事業者対象に 鹿児島県

2021.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鹿児島県は、観光業の回復につながる取組みを支援するため、「誘客取組等支援事業費補助金」を創設した。従業員の語学研修などに取り組む宿泊事業者、貸切バス事業者に対し、最大で100万円を補助する。

 誘客につながる取組みの1つとして、「観光振興に資する人材の育成」を補助金の対象としたもの。語学や障害者受入れのための介助に関する研修、人材育成のマニュアル作成などにかかる費用を補助する。本業が休業中でも利用可能で、自社で企画・実施することが条件となる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年1月25日第3290号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ