【働き方が変わる雇用保険法等改正法】第18回 副業・兼業時の労災保険給付 賃金額を合算して算定 業務負荷は総合評価へ/阿部 正浩

2020.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

従来は適用されない恐れ

 副業・兼業を行う労働者が労災事故に遭うリスクは高いのだろうか。はリクルート・ワークス研究所「全国就業実態パネル調査(2020年)」を用い、副業・兼業の有無別に、健康状態(「ひどく疲れている」と「ゆううつだ」)と本業の週労働時間について筆者が集計したものだ。

 雇用形態にかかわらず、副業・兼業を行わない労働者に比べて、副業・兼業を行う労働者の本業の週労働時間はやや短く、健康状態は良くないとする傾向にあることが分かる。

 もちろん、この表から副業・兼業を行うと労災事故に遭うリスクが高いとは直ちにいえない。ただし、従来の制度では副業・兼業を行う労働者が…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月16日第3281号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ