【働き方が変わる雇用保険法等改正法】第12回 雇用保険二事業の見直し 施行は令和3年4月に 65歳超助成金などが対象/阿部 正浩

2020.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

変更詳細は今後明らかに

 今回の雇用保険法改正では、高年齢者雇用安定法の改正に併せ、高年齢者就業確保措置の実施を行う事業主を対象とした助成あるいは援助を国が行うため、雇用安定事業についても見直しがあった。

 ご存じのとおり、雇用保険制度には、失業給付以外に、失業予防や労働者の職業能力開発を行う事業主を助成するための雇用保険二事業(雇用安定事業と能力開発事業)がある。現在のコロナ禍で注目を浴びている雇用調整助成金は、雇用安定事業の代表的事業である。また、能力開発事業として、…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年10月5日第3275号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ