【新人担当者向け!!労働法ケーススタディ】第19回 日付またいだ残業の計算は? 翌日始期まで当日計算 深夜と時間外割増は必要/片山 雅也

2020.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q 突発的なトラブルが発生してしまい、深夜午前0時を過ぎて翌日の午前1時まで仕事をした社員が出ました。この場合、残業代の算定は当日と翌日とに分けて計算するのでしょうか?それとも、分けずに当日から全て起算して計算するのでしょうか?なお、時間外労働は月60時間を超えていません。

「一勤務」と判断

 一日とは、午前0時から午後12時までのいわゆる暦日をいうものであり、継続勤務が二暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも一勤務として取り扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の「一日」の労働とするとされている(昭63・1・1基発1号)。

 また、時間外労働が引き続き翌日の所定労働時間に及んだ場合には、…

筆者:弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員・弁護士 片山 雅也

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月25日第3258号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ