【新人担当者向け!!労働法ケーススタディ】第16回 同僚からの嫌がらせもパワハラ? 職務上の地位限定せず 優位的関係背景なら該当/片山 雅也

2020.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q ハラスメント相談窓口に、同僚から嫌がらせを受けているとの相談が寄せられました。上司と部下の関係でなくても、パワーハラスメントとして対応すべきでしょうか。

就業環境害する

 労働施策総合推進法が改正され、職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の防止措置が本年6月1日より事業者の義務となる。なお、中小企業は2022年4月1日から義務化される(それまでは努力義務)。今回の改正に伴って、いわゆるパワハラ防止指針(令2厚労省告示第5号)、その運用に関する通達(令2・2・10雇均発0210第1号)も出されている。

 これらの法律や指針によって、…

筆者:弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員・弁護士 片山 雅也

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月4日第3255号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ