【裁判例が語る安全衛生最新事情】第339回 富士機工事件 入社後すぐの自殺で予見可能性否定 静岡地裁浜松支部平成30年6月18日判決

2020.02.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 亡Aは、知的障害および学習障害を持っていたが、高校卒業後、障害者採用の枠で被告Y社に入社した。原告X1、X2は、その両親である。被告Y社は、自動車部品の製造・販売を業とする会社である。

 亡Aは、平成26年4月1日にY社に入社し、同月9日まで新入社員教育を受けたが、同月10日よりプレス課に配属され、同月10日~13日まで金属加工のためのプレス作業における安全教育を受け、同月15日から同月25日まで、工場内で製品の確認・梱包作業の実習を行った。同月26日から5月5日までのゴールデンウイークに伴う休みを経て、亡Aは、同年5月6日から、金属加工のためのプレス機械を使用しての実習を開始した。その後、亡Aが操作していたプレス機が停止する事態が生じた。その翌日の午前7時ごろ、亡Aは自宅の最寄り駅である駅のホームから貨物列車に飛び込み、自殺した。

 両親である原告X1、X2は、亡Aの自殺はY社の安全配慮義務違反または注意違反が原因であるとして、Y社に対して損害賠償請求訴訟を提起した。

Ⅱ 判決の要旨

1、使用者の安全配慮義務または注意義務

 使用者は、…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年3月1日第2349号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ