【新人担当者向け!!労働法ケーススタディ】第6回 時間外上限規制の考え方は? 休日労働も算定対象に 過労死の発生を防ぐため/片山 雅也

2020.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q 時間外労働の上限規制の1カ月100時間未満と複数月平均80時間以内という考え方が分かりません。直近1カ月で100時間未満、過去半年の時間を平均して80時間以内であれば良いのでしょうか。

中小にも適用に

 労基法の改正によって、時間外労働の上限が罰則付きで法律で規定されることになった。一部の事業や業務を除き、大企業は昨年4月施行されており、中小企業は今年4月から施行されることになる。

 法律上、36協定により時間外労働を延長できる上限は原則として月45時間・年360時間となり、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできない。臨時的な特別の事情があって、36協定に特別条項を設ける場合でも、次の事項を守らなければならない。…

筆者:弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員・弁護士 片山 雅也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月17日第3245号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ