【イチからカクニン安衛法】作業構台の安全基準

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

積載荷重考慮して決定

 安衛則の第2編11章では、作業構台に関する安全基準を定めています。作業構台とは、「仮設の支柱および作業床等により構成され、材料もしくは仮設機材の集積または建設機械等の設置もしくは移動を目的とする高さが2m以上の設備で、建設工事に使用するもの」をいいます(安衛則575条の2)。

 足場が「労働者を作業箇所に接近させて作業されるため」に設けられるのとは、使用目的が異なります。しかし、墜落防止措置に関しては共通する部分があります。

 作業構台に関する安全基準は、大きく2種類に分かれます(別掲)。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ