【想いはせれば】第112回 AI、IoT時代と事故・災害

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶1873年(昭和48年)は、各地の石油コンビナートで爆発や火災、重大事故などが発生しました。

 私の勤務先でも、茨城・鹿島コンビナートの工場で反応装置が破裂して3人が死亡、3人が重軽傷を負う重大災害が発生しました。すぐに東京の工場から駆けつけましたが、その反応装置の内容積は5㎥ほどと小さく、工場の建屋や付近の装置の損傷は軽微でした。6人の死傷者を発生させた事故とは思えないほどの状態でした。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ