【事故防止 人の問題を考える】第67回 危険感受性を向上させる(2)-見て、感じて、イメージを膨らませる-

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

OJT教育がうまくいっていない

 最近、OJT教育で若者が、危険が分からずベテランの技をうまく習得できないことにより、被災する事例が見受けられます。

 例えば、配管バルブを開ける場合、配管の残圧なしを確認し、開ける瞬間は万が一に備えバルブの正面に立たない。それを教わっていないと、ベテランがバルブ脇に立つ理由が理解できません。一人作業で、バルブの正面に立って回してしまい、残圧により噴き出した高熱水に被災する災害が発生しています。

 また、グラインダー作業では、反発しても大丈夫な体勢をとることが重要です。ベテランは経験からその体勢をとれますが、ベテランの作業を見よう見まねの若者は、身体の安定を優先させ、そのような体勢がとれず、グラインダーの反発により被災しています。

 このような危険を座学でしっかり教えることが必要です。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ