【事故防止 人の問題を考える】第68回 危険感受性を向上させる(3)-効果的な安全教育、安全活動とは-

2019.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

若者の指導を効果的に行う

 時代が移り行くなか、現場にはその時代の若者が入ってきます。今から10数年前、つまずいて前のめりに倒れても手をつくことができず、顔から地面にぶつかる小学校低学年がいることがニュースになりました。

 そのような子どもたちが大人になり、現場に入ってくる時代になりました。新しい安全教育を構築していかなければなりません。

 新人教育では、現場に潜む危険を一つひとつ丁寧に教えていく必要があります。その際、「守るべきこと」だけではなく、「なぜ守らなければならないか」も加えて教えていくことが必要です。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年9月1日第2337号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ