【知っていますか?セクハラ・パワハラ】第3回 ジェンダーの差別 女はお茶汲みなど 言動繰返すと問題も/岡田 康子

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「男なんだから…」

 ここは、某企業の営業部。A課長以下、男性4人、女性1人の営業担当者が働いている。ある日の午前中、男性営業のBさんが、「今月はどうしても目標達成の目途がたちません…」とA課長のところへ相談に来た。A課長は暫く話を聞いていたが、早々にBさんが諦めたと思い、「男なんだから、弱気になるのは早いだろう。先日の優良顧客だって女性のCさんには任せられないから、君に担当させたんだぞ」とハッパをかけた。するとBさんは、「男だって、無理な時はありますよ」と詰まらせながら言葉を返した。…

筆者:㈱クオレ・シー・キューブ 代表 岡田 康子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月30日第2858号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ