【通達クリップ注目の1本】第三次産業における労災防止対策の推進

2019.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

腰痛・転倒対策をチェック

 小売業や飲食業、社会福祉施設における労働災害が増加傾向にあるとして、多店舗展開する企業の本社等に対して、指導を実施する方針が示されました。指導には「チェックリスト」を活用するとしています。腰痛・転倒予防体操を励行するよう求めています。

 第13次労働災害防止計画を踏まえた第三次産業における労働災害防止対策の推進について(平30・3・30基安発0330第3号)

1 第三次産業における労働災害の発生状況

 第三次産業における労働災害は、近年増加の傾向にあり、全産業の休業4日以上の死傷災害のうち4割以上(46.0%)が第三次産業におけるもので…、さらにその半数近くが小売業、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年7月1日第2333号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ