【社労士が教える労災認定の境界線】第294回 昼休みに銀行でお金を下ろした後に転倒

2019.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 B社に勤務している従業員Aは、週末の連休に計画していた家族旅行に必要な現金を引き出すため、昼休みの時間帯に会社から外出し、最寄りの銀行に向かっていた。銀行は昼休みということもあって込み合っており、現金を引き出すまでに時間がかかってしまった。

 その結果、昼休みの時間が残りわずかとなり、焦ったAは、急いで会社に戻ろうとしたために、銀行の入口の段差に気がつかず、誤って転倒してしまい、左足首を捻挫してしまった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山梨会
社会保険労務士 高岡綜合事務所 所長 高岡 伸次
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年7月1日第2333号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ